Haiku Group; EVERGREEN


Evergreenについて

 Evergreen代表  吉村 侑久代

 インターネットやEメールといった情報工学の進歩で、世界の俳句詩人と瞬時に交流ができます。世界俳句の時代になってきたといえましょう。1999年の松山宣言は、「世界に俳句が広がるとき、俳句を短詞と見なして、定型・季語についてはそれぞれの言語にふさわしい手法をとることが適当である。この場合、俳句に対する世界的な共通認識としては、「短詞型」と「俳句性」ということにつきるであろう」と述べています。これが世界俳句の基盤となりました。今後外国の俳句は、日本の俳句を源とはしていますが、それぞれの国の文化背景を土壌として、さまざまな冒険や改革を試すでしょう。外国語の俳句に接して、日本人は異文化の刺激を受けると共に、俳句の普遍性を認識するでしょう。
 私たちの英語による俳句のグループ Evergreen は、国内外の英語俳句活動の先陣を常に歩いていました。Evergreenは、1991年9月に英語俳句を学ぶ公開講座の参加者によって設立されました。Evergreenの前身である岐阜県に在住する英語教育関係者の英語俳句研究会 Rainbowが産まれた1988年には、日本国内には英語俳句だけの活動はほとんど見られませんでした。Evergreenは1998年にRainbowを吸収しグループの活動は、俳句創作と教育への還元、そして俳句による異文化理解の三本立ての目標で運営しています。
2001年はRainbow創設から13年、Evergreenになって10年目です。ほとんどのメンバーが創立期からの参加で、本文中の俳句もメンバーの手によるものです。会員には東海地方での教育機関で働く海外からの教師や大学生、メールよる海外からの投句も多く、Evergreenの活動がインターネットのウェブサイトに登場するなど、日本の英語俳句が世界俳句に踏み出す土台作りをしてきました。メンバーの中には国際俳句交流協会のHIや、英国で初めて生まれた俳句誌 Haiku Quarterly をはじめ海外の俳句誌に投稿する人も多く、Evergreenの原動力となっています。

 

Evergreen のあゆみ

1988.8.17                                            Rainbowの第一回ハイク会
1992.3.1                                               Rainbow Anthology 1988-1990出版
1995                                                          ルーマニアのハイク協会Albatorasと姉妹提携
1996~現在                    大垣市「船下り芭蕉祭」英語ハイク部門の審査・協力
1998                                                          EvergreenRainbow合併
1998.8.27                                           
第一回国際ハイク会(ルーマニアのIon Codorescu氏を迎えて
1999                                                          俳句詩人サージ・トメSerge Tome氏がEvergreenのホー ムページをベルギーから発信  http://web.wanadoo.be/tempslibres/hku/evergreen
2001.3.20                                             世界で初めてのウェブハイクマガジン“HAIJINX”に紹介           されるhttp://www/haijinx.com
2001.1.8                        国際第二回国際ハイク会(アメリカのMichael Dyran Welch氏                   を迎えて)
2001 夏       Evergreenのホームページ開設 
2003.5        『EVERGREEN HAIKU ANTHOLOGY』を刊行
2004.11/19〜21     「環太平洋国際ハイク・大垣大会2004」を主催

                   


             『EVERGREEN HAIKU ANTHOLOGY』(Published May 31,2003)
        
                     
                   
                メンバーの自選10句を掲載。Forewordにマイケル・D・ウエルチ氏、
                Afterwordにイオン・コドレスク氏から文章をいただいた。
         

by Michael Dylan Welch

Necklace-Shaped Renka

       


環太平洋国際俳句会大垣大会2004(Haiku Pacific Rim in Ogaki)主催ーー2004.11.19〜21 



プログラム                     

11月19日ー21日                     総合福祉会館

          俳画展                       1F

           出品者
                     阿部 貢
                     清水 国治
                     Lidia Rozmus
                     Angelee Deodhar
                     岩越 栖風
                     野村 三八子
                     村北 嘉子
                     Jeanne Emrich

11月19日(金)
10:00−                 受付                  5F
             発表                 1F
11:00-11:10     俳画奥の細道  : 岩越栖風、野村三八子、村北嘉子
11:10-11:30     CG俳画   : 清水国治
11:40-12:00     米国禅俳画  : Lidia Rozmus
12:10-12:30              Photo俳画  : 阿部貢
12:30-13;30   昼食            4F
           発表
13:30-13:50     俳句と私      :  Jerry Ball                    5F
14:00-14:20              子規の生涯  : 田村七重
14:40-15:00     日本人による英語俳句創作: David McMurry
15:10-15:30              絵と俳文   : Tei M.Scott
15:40-16:00              俳句と川柳の違い: Michael Dylan Welch
18:00-                  夕食: グリル シャトーブリアン
11月20日(土)
          講演                    5F
10:00-10:30       米国大学院生クラスでの芭蕉の旅: Candace Kaye
                          発表
10:40-11:00        西洋の俳画: Jeanne Emrich
                         休憩
11:20-11:40       芭蕉時代の女性俳人: Angelee Deodhar
11:50-12:10                アメリカ難聴学生の俳句コンテスト参加報告:
                                    Jerome J. Cushman
12:10-13:30          昼食                                             4F
13;30-15:00    吟行 大垣市内散策、句碑巡り
15:00-17:00       俳句朗読会: 江月寺 
18:00-19:30       交流会 (チサングランドホテル美濃の間3F)

11月21日(日)
10:10-10:30       主催者挨拶、市長挨拶、俳句表彰       5F
              講演
10:40-11:10             芭蕉と大垣: 大野鵠士         
                      休憩
                                 発表           
11:20-12:00             日本の女性の恋歌: Margaret Chula
12:00-13:00             昼食                                            4F
13:00-14:00     大垣市民とハイク交流:Jerome J. Cushman
                     吉村侑久代
               大垣駅前: 元禄芭蕉回廊
16:00-         閉会式     チサングランドホテルロビー

■主催者挨拶

  
大垣は世界の俳句詩人にとりまして、芭蕉の「奥の細道」の結びの地として広く知られており、一度は足を踏み入れたい憧れの土地です。この大垣で国際俳句大会を開催できることは関係者一同大きな喜びです。
大垣市が第二回環太平洋国際俳句大会(Haiku Pacific Rim)を奥の細道むすびの地「大垣芭蕉生誕360年祭」事業の一環として、加えてくださったことに深く御礼申し上げます。
 環太平洋国際俳句大会の目標は、俳句に関心を寄せる環太平洋諸国の俳句詩人が一同に集まり、世界規模にとなった俳句の状況を再認識し、相互の友好を深めることにあります。そのため大会の第一の目的は、国籍は違っても、俳句に興味のある人々を一同に集めるということにあり、そして俳句を通して友人を作り、お互いの考えを交換し、共に学びあうことにあります。
 第一回の環太平洋国際俳句大会は、当大会の永久会長、ジェラルド・T.ボール(Jerald T. Ball)によって、彼の勤務校であるカリフォルニア州立大学ロングビーチ校で2002年10月に開催されました。大会は隔年に開催され、2002年はアメリカ、2004年は日本、2006年はアメリカのサンタフェで開催が予定されています。2002年の第一回環太平洋国際俳句大会に参加した吉村は、2004年は日本で開催して欲しいと依頼され、英語ハイクの会Haiku Evergreenのメンバーと協力して本大会の準備を重ねてまいりました。
 特に今回の大会では、「芭蕉の贈りもの」the gifts of Basho が大会のテーマです。大垣の街は、「奥の細道」のむすびの地であり、芭蕉の贈りもの、そのものです。日本で生まれた俳句が世界各地にひろがり、その結果、多様な俳句活動が生まれました。そんな俳句の新しい姿を見聞し、刺激を受けていただければ幸いです。
 最後にこの大会を支えてくださっている多くのボランティアの方、大垣市の職員の方、そして参加してくださった皆様、日本で始めての英語ハイクのグループ、Evergreen のメンバーの皆様に心より、感謝申し上げます。

第2回環太平洋国際俳句大会実行委員長 吉村侑久代